年上の部下を持つって疲れる…

女性の社会進出というと仰々しいのダケレド。
最近、リアルですっごいセリフを聞いてしまった。


「誰かに養ってもらえばいいじゃない」




は?
それって物乞いだよね?

流石に本人には言えなかったが
ちょっと後になって怒りが込み上げてきた。

全てはその信念がそいつを形成しているのだね…

いつでも誰かが助けてくれると思っているのだろう…

「○○様からなんですけどぉ~」
電話応対でこのセリフ

態度が声に出ちゃうから
注意すると
「あ~はぃ…」
意気消沈丸だし。

言われたことしか出来ない。
しかも1から10まで説明しないと出来ない
更に全てにおいて確認してくる。
ちょっと頭を使って判断すればわかる事でも。

「忙しいですよね?これってどうすればいいですか?」
書類をきちんと読めばどうすればいいか書いてあるけど?

作った資料の内容を尋ねても答えられない。

50も過ぎて真っ青なまつ毛のエクステ会社にしてきちゃうあたりかなりイタイ。

オシャレやダイエットは自己満足だと言い。

哺乳類のDNAなのだから、男を意識してるのでは?と、言うと
「絶対ちがう!」
という。

ちょっと本題からずれたね…


自慢じゃないが仕事は出来る方だ。
だが、ミスを注意されたら、まず確かめる。
自分では絶対違うと思っても、証拠を探してから、違いますよと言わないと水掛け論になってしまう。

だが!

絶対私じゃありません。
違います
聞いていません。
ちゃんとやりました。

どうしてそんなに自信が持てるのだ?

人の記憶も自分も記憶違いなんてよくあるやん。




まぁ~年上だけれど小さくてかわいいタイプ。
乳もでかい。
スタイルもそこそこに毎日ブローして化粧して。
(絶対真似できない)
バブル時代にいい思いした世代だ。
ぶりっこに近いのかもなぁ

なんにせよ、羨ましいのかも。
ぴぃは異性に媚び売って養ってもらえないから。

やる気でない( ・᷄ὢ・᷅ )( ・᷄ὢ・᷅ )( ・᷄ὢ・᷅ )

終の棲家を衝動買いしました。
31年ローンですゎ

3ヶ月過ぎましたが
未だに2階の部屋はカーテンレールさえつけていません
ぽりぽり

一階リビングの半分を占めていた段ボールも壁もあと残り10個程度に減りました。
まずはリビングだよね~

次が玄関かな~

①リビング
②玄関(シューズインクローク含む)
③二階

あ~キッチン…
庭、カーポートに屋根欲しい。

水素水&浄水器用にシングル混合栓にリフォームも…


やる事は多いがのぅ~
やる気は出ないにゃ!

ギャンブル停止にしてはみたものの
それでも、先には進めず

ブロディ

今はこんな気分です。
『雪の華』





歌手: 中島美嘉
歌詞: Satomi
作曲: 松本良喜
編曲: 松本良喜

のびた人陰(かげ)を舗道に並べ
夕闇のなかをキミと歩いてる
手を繋いでいつまでもずっと
そばにいれたなら泣けちゃうくらい

風が冷たくなって
冬の匂いがした
そろそろこの街に
キミと近付ける季節がくる

今年、最初の雪の華を
2人寄り添って
眺めているこの時間に
シアワセがあふれだす
甘えとか弱さじゃない
ただ、キミを愛してる
心からそう思った

キミがいると どんなことでも
乗りきれるような気持になってる
こんな日々がいつまでもきっと
続いていくことを祈っているよ

風が窓を揺らした
夜は揺り起こして
どんな悲しいことも
ボクが笑顔へと変えてあげる

舞い落ちてきた雪の華が
窓の外ずっと
降りやむことを知らずに
ボクらの街を染める
誰かのために何かを
したいと思えるのが
愛ということを知った

もし、キミを失ったとしたなら
星になってキミを照らすだろう
笑顔も涙に濡れてる夜も
いつもいつでもそばにいるよ

今年、最初の雪の華を
2人寄り添って
眺めているこの時間に
シアワセがあふれだす
甘えとか弱さじゃない
ただ、キミとずっと
このまま一緒にいたい
素直にそう思える

この街に降り積もってく
真っ白な雪の華
2人の胸にそっと思い出を描くよ
これからもキミとずっと…




お1人様でなんでも出来ると思っていたケレド。
流石に1人カラオケ未経験ニダ。
チョップルにて
初めて抽選サンプルが当たった
ぽりぽり

舐めてるぶんには
アセロラだし
ビタミンCだし
まぁこれくらいすっぱいのも
普通かな~とおもうが…

噛むとめっちゃすっぱいw
結構固い…

でもいやなすっぱさではないなぁ
ぴぃは嫌いじゃないかも

わ~ぃ!!

2014/02/14

今日は仕事が早じまいだ~

どこに打ちにいこーー
キャッ♪o((〃∇〃o))((o〃∇〃))oキャッ♪
プロフィール

ぴぃちん

Author:ぴぃちん

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター